新型コロナウイルス対策

手作りマスク4作目と5作目!

新型コロナウイルス、何をどこまでやればどれくらい防げるか不明ですね。感染経路ももうわからないし。

・発熱や呼吸器症状のある人が怖がられてしまう(厚労省から社会福祉施設あてに届いたガイドラインのようなものにも、熱や呼吸器症状を目安とするようになっている)けど、症状がなくても感染するわけだから、何もなさそうに見える人は何ともないわけではない

し、

・使い捨てのサージカルマスクでも使い方を誤れば効果はないと言われる

けど、

・マスクの外側に病原体がついてるかもしれないと言うなら、洋服の肩や首あたりも疑わしいよね、って思う

し、

・つるつるしたところでウイルス繁殖するというけど、触るたびに消毒なんて非現実的

だし、

・目の粘膜からも入るらしいから眼鏡したほうがいいのかな?ってなる

けど、

・そんなに怖がってたら誰も何もできなくてゴーストタウンになるやん!!!

 

ということで、自分がプライベートでとる対策としては、高齢障害者福祉施設の職員として無頓着に見られないこと、を基準とし、自分が元気でもウイルス媒介役にならないための工夫はしたほうがいいかな、という理由で、

——————

・外出時は可能な限りマスク着用

・帰宅後に手洗いまたは手指消毒をする

——————-

くらいが妥当かなと思って実践しています。

自作マスクはウイルス遮断性能はたぶん弱いけど、何もしていないよりは飛沫を吸い込むことも広めることも軽減できるかもね、くらいの期待で。

 

ちなみに、先日の追突事故後の念のため通院で行った整形外科では、受付で手のアルコール消毒を勧められただけでした理にかなってる

応援のクリックをお願いします↓♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です