里美ちゃん、リカちゃん、それはだめ

再放送中の東京ラブストーリー、話がどんどん展開してもつれています。

リアルタイムで見ていた27年前は、カンチとリカにはうまくいってほしくて、うまくいくはず!と信じて、最終回にはボロボロ泣きました。悲しいけどこんな結末になってしまったのねと、単純に揺れ動いておりましたが・・・

大人になった今見ていると、リカはかなり初期から、いずれカンチは離れていくことをわかっていますよね。最初からずっと、メインキャスト全員の心は揺れっぱなしで、みんな自分でもそれを自覚しながら、幸せを感じたくて気持ちをどこかに向けようと決め、決めては揺れ、の繰り返し。すごく人間らしくて素敵な流れだったんだなあ、と思います。

でも!27年前には、モテるけど優柔不断な、女の子らしくて可愛いと思っていた里美ちゃんですが、今見ると「それはないやろ~~」と思うこと続発。カンチを惑わす発言が多すぎです(^^;

あと、自分の気持ちを出したいときに全力で表に出すリカはカッコ可愛いな~と思っていましたが、仕事中のカンチに、自分のもやもやをぶつけに行ったり二人の仲についてのシリアスな考えを語ったり、は、なし!だと思うようになってますわ。

自分もだいぶ冷めた考え方するようになったんだなあと、失笑しながら見ております。ドラマだから別にいいのにね。

応援のクリックをお願いします↓♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です