仕事納め

きのうでどうにか仕事納め。アクシデントや大きなミスなく、無事?終えたといえるかな。
総合病院の医師事務作業補助者という仕事を始めてはや3ヶ月。窓口業務の想像以上の過酷さにびっくりしています。たった3ヶ月で何度も、気力の底が見えそうになったり心が削れる音が聞こえてきたりしました。
もちろん事務職員だけが大変なわけではなく、医師や他のコメディカルはさらに大きく深いことと向き合っているわけで、これが、医療というインフラを支えるスタッフの現実なんだなと実感しています。

想像はしていたけど、実際に中に入ってみると本当によくわかります。時間も気力もかつかつの状態で回していることを知れてよかったと思います。

私みたいにいろいろ気になるタイプは、慣れて自信がつくのに人より時間がかかるんでしょう。
特に人に何か伝えるタイミングやことばの選び方、声の発し方などはやたら気をつけてしまいます。特に特に、患者さんが相手の場合はちょっとしたことで不安や落ち込みの原因になるだろうし。

話し方にはどうしたって、業務の理解度が表れるものなので、『なんかよくわかってない』不安を一つずつ消していけたら、徐々に落ち着いて自信もついてくるかな。
そうそう、作業ができるようになっても全体の流れや背景までわかってからでないと『わかった』と思えない性質であるのも、自信が持てない原因だと思います。先輩には、「じゅうぶんできてるのになんでそんなに自信がないのか不思議」と言われます。めんどくさいやつだな~と思われていることでしょう(笑)。
意味がよくわかった上で作業もこなせるようにならないと、できたとは思えない性分なんです。
さて!
年明けにはバレエの発表会です。今日が年内最後のリハーサルでした。
まだ仕事モードの脳と疲れが抜けませんが、まだ1週間あるのでゆっくり舞台を全力で愉しむモードにもっていきましょう♪

愉しめるものがあってよかった!
応援のクリックをお願いします↓♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です